Archive for the '治療について語る' Category

カントン包茎の治療

男性は包茎の悩みを抱えている方が多いですが、特に治療が必要がないものもあれば、見た目や機能でかなり問題がある場合もあります。
そいて包茎といっても症状はひとつではなく、様々な症状があります。
カントン包茎は締め付け感があるのが特徴的な症状となっています。
こういった症状は先端の皮が極端に狭いということが原因で起こってしまいます。
そのため勃起をすると亀頭を締め付け、痛みが走ることとなってしまいます。
こうした症状があることはかなりのストレスとなりますし、性行為にも支障が出る可能性もあります。
さらに不潔になりやすいもの特徴ですので、時にはパートナーの女性にも影響が出てしまうことがありますので、早めに治療をしておくことがおすすめです。
治療がうまくいけば締め付けや痛みといった不快症状から解放されることとなりますし、見た目がより良くなる、清潔を保つことができるなどメリットは多くあります。
治療方法は症状によって変わってきますので、まずは医療機関で相談し、最適な方法を選んでいきたいものです。

早めに包茎治療を受けて下さい

包茎には、3種類ございますが、その中でも真性包茎とカントン包茎は、「病気」という位置づけです。
真性包茎の方の中には、必ずしも日常生活に支障がある方だけではありませんが、カントン包茎は日常生活にかなり支障を来す恐れがあるので、直ちに包茎治療を受けた方が良いでしょう。
包茎の方は全般的に、アソコが不潔になりやすく、早漏です。
仮性包茎や真性包茎の方は、毎日お風呂に入る際に、アソコを良く洗って手入れを出来る方も大勢います。
しかしながら、カントン包茎の方がこれをしてしまうと、とんでもないことになってしまいます。
包皮が亀頭を締め付けて痛い思いをするだけではなく、めくった包皮が戻らなくなる恐れがあります。
そうなると亀頭を圧迫し続けて、うっ血が酷くなって命に関わる状況にもなりかねません。
セックスの時も、痛みを伴うでしょうから、楽しくも気持ちよくもないでしょう。
カントン包茎の方は、健全な将来を考えると、直ちに包茎治療を受けるべきなのです。