包茎には、3種類ございますが、その中でも真性包茎とカントン包茎は、「病気」という位置づけです。
真性包茎の方の中には、必ずしも日常生活に支障がある方だけではありませんが、カントン包茎は日常生活にかなり支障を来す恐れがあるので、直ちに包茎治療を受けた方が良いでしょう。
包茎の方は全般的に、アソコが不潔になりやすく、早漏です。
仮性包茎や真性包茎の方は、毎日お風呂に入る際に、アソコを良く洗って手入れを出来る方も大勢います。
しかしながら、カントン包茎の方がこれをしてしまうと、とんでもないことになってしまいます。
包皮が亀頭を締め付けて痛い思いをするだけではなく、めくった包皮が戻らなくなる恐れがあります。
そうなると亀頭を圧迫し続けて、うっ血が酷くなって命に関わる状況にもなりかねません。
セックスの時も、痛みを伴うでしょうから、楽しくも気持ちよくもないでしょう。
カントン包茎の方は、健全な将来を考えると、直ちに包茎治療を受けるべきなのです。