カントン包茎とは、真性包茎の一種で、包皮口が狭くて、無理に亀頭を露出させようとして、包皮が元に戻らなくなり、それが原因で亀頭がうっ血したり、水ぶくれになったりして、最悪のケースになることもあります。
このようにカントン包茎は、包皮の間口が狭いことが原因です。
このような場合、自分で治すことも可能です。
しかし、仮性包茎と違って皮が戻らなくなってしまっては重大なことになってしまいます。
自分で治す場合、まずは仮性包茎と違って、じっくり時間をかけなければなりません。
お風呂の中で、毎日少しずつ皮をむいていくと言う作業を根気強くやらなければなりません。
一気にやったりしたら、大変なことになるかもしれないからです。
むいていく段階で、包皮が戻ると確信するまで根気強く作業をやり、最後で一気にと言ったやり方です。
これは期待できるやり方ですが、仮性包茎になるといったケースが多いのではないでしょうか。
そのことを考えたら、包茎手術のほうが良いと思うのですが。

参考サイト:大東製薬工業株式会社