男性の悩みで多い包茎は多くの方が抱えている悩みであり、特別なことではありません。
でも、場所が場所だけに医療機関にも脚を運びづらいという方は少なくないものです。
包茎にも治療が必要でないものも多いですが、症状のなかには性生活や健康にも大きく影響を与えてしまうこともあります。
真性包茎は保険適用の治療が受けられることで知られていますが、カントン包茎もまた治療することが多い症状です。
カントン包茎の場合は包皮の出口が狭くなっており、そのために亀頭の根元を締め付けたり、元に戻らなくなってしまうことがあります。
こういった症状は締め付けが苦しいこと、そして不潔になりやすいので感染症や性病のリスクも高まるなどの問題もありますので、やはり治療はしておくのがおすすめです。
カントン包茎の場合もひどいときは亀頭が壊死してしまうこともあるとのことですので、そうならないようまずは医療機関に相談し、自分にあった方法で改善していきたいものです。