カントン包茎は、独立した病気の一つではなく、仮性包茎の特定の状態のことを指します。
包皮を亀頭直下まで押し下げたものの、包皮口が狭いために亀頭直下を締め付けている状態のことです。
この状態を放置すると、包皮が水ぶくれのように大きく膨れ上がります。
写真で見るカントン包茎は、この状態のものです。
更に進むと、包皮と締め付けられた亀頭に血液が回らないために壊死を起こします。
そのため早急な手術が必要になります。
但し、もし安静にして直ぐに亀頭が小さくなるようでしたら、必ずしも手術は必要ありません。
一旦包皮で亀頭を覆い、後で治療することによりカントン包茎になりにくくなります。
仮性包茎がカントン包茎になるのは、包皮口が狭いためです。
ですので、包皮口を押し広げることで治療できます。
押し広げる方法は、指が入るようであるんら、包皮口に指を押入れ広げます。
入らないようであるなら、真性包茎矯正器具を利用して押し広げます。
継続的に広げることにより、包皮口が広まり、亀頭直下で締め付けることはなくなります。