カントン包茎はすぐに治療を受けた方がいい包茎です。
日本人のほとんどは仮性包茎と言われ簡単に手で包皮が剥けるものの、しばらくするとまた包皮が亀頭を覆ってしまいます。
真性包茎は包皮が亀頭を完全に覆い、剥こうと思っても剥けない包茎です。
これに対しカントン包茎は包皮口が狭く、無理に剥いてしまうと剥いた包皮が亀頭直下の陰茎を締めつけてしまうような包茎です。
亀頭の根元部分を締めつけて血行障害が起こる可能性があります。
場合によっては細胞が壊死する危険性もあります。
最近ではカントン包茎は、真性包茎と仮性包茎の中間くらいの包皮の量で、無理に剥いてしまって包皮が元に戻らずに亀頭を締めつけている状態に過ぎないという考え方が主流になっています。
考え方、呼び方はともかくとして、亀頭が壊死してしまっては大変ですから、すぐに専門の治療を受けた方がいいです。
インターネットで「カントン包茎 治療」と検索エンジンを使って探せば候補の医院が出てきますので、まずは相談をしてみることが大切です。

参考サイト:日本美容外科学会