カントン包茎というあまり聞いたことがない包茎の種類があり、特徴としては亀頭が狭い包皮輪のため外側にはまり込んでしまい、元に戻らなくなった状態のことです。
カントン包茎がもし起こってしまうと、あそこに強い痛みがあったり、包皮ではまり込んでいるために血行も悪くなったり、人によっては水ぶくれのように腫れ上がってしまい、ひどいときにはすごく大きく腫れてしまいます。
もしカントン包茎になった場合には、自分でなんらかの方法で包皮を元に戻すことはほとんど出来ないと言われており、圧力で陰茎への血流が妨げられますので、包皮を通常の状態に戻さないと陰茎の組織が壊死するおそれがあるくらい、環状切開あるいは包皮に切り込みを入れたりして、締めつけをなんとか和らげるという緊急的な処置が必要になる場合もあります。
カントン包茎になりやすい男性の年代は、幼児から小学生や中学生がほとんどですから、大人の男性ではめったにみられないとも言われています。