カントン包茎は絶対に治療したいものです。
性行為に支障が出るだけでなく、亀頭の血行不良にもつながります。
最悪のケースでは壊疽に至ります。
仮性包茎と比べてもカントン包茎は症状が重く、治療を必要とします。
自分で治す方法としては、入浴時に少しずつむいていき、これを毎日繰り返すという方法があります。
ただ、これで治る方は一部です。
もともと包皮が狭くなっており、亀頭を圧迫している状態ですから、手術するのが一番なのです。
現在の包茎手術は、痛みが非常に弱くなっています。
痛みに我慢した治療は、昔の話なのです。
仮眠している間に終了するくらい楽ですので、早期のうちに治療してください。
包茎治療の費用は、昔とは比較にならないほど安くなっています。
治療を躊躇する原因は、切除における怖さにあります。
どうしても手術が嫌だという方は、切らないで治せないか医師と相談してみることです。
完璧に治すことは難しくても、日常生活に問題ないレベルまでは治せることが多いです。

参考サイト:日本新薬株式会社