カントン包茎は、包皮口が狭いために、勃起時に亀頭直下で締め付ける状態をさします。
この病気は、普段何もなければ日常生活に支障はありませんが、一度炎症を起こすと厄介になります。
性行為の際に、包皮口が狭いため包皮が裂け痛みが伴う場合があります。
また、亀頭包皮炎が発生しやすく、包皮が切れるとそこの部分が硬くなるため、更に切れ易くなります。
従って一度切れると、繰り返し切れるリスクが増えることになります。
このような症状になると、包皮を洗うだけで痛みが伴いますので、ますます症状が悪化します。
また、包皮が亀頭直下に降りたまま、先に戻らなくなることがあります。
痛みが伴わないこともあり、戻らないまま放置する人もいます。
しかし、そのままにすると、降りたままの包皮が水ぶくれを起こし、包皮が壊死します。
包皮が壊死しなくとも、亀頭への血流が滞り、亀頭が壊死する可能性もあります。
どちらも外科的治療を要し、亀頭を損失すると以降男性機能は失われることになるのです。
亀頭直下を締め付けるため、包茎の中でも厄介な状態なのです。