男性の性器については、特殊な症状に陥る場合があります。
巷で言われている包茎の中でもメジャーなカントン包茎がそれで、多くの男性が自分はこれに当てはまるのではないかと危惧しているようです。
これは真性包茎の一パターンであり、勃起しても完全に包皮がむけず、無理にむこうとするとかなりの痛みを伴ったり、包皮が戻らず痛みが持続するようになります。
この症状になった場合は、直ちにクリニックでの手術が必要です。
幸い今は、泌尿器科などがたくさんあって、いつでも簡単に手術をすることができます。
手術そのものも日帰りで済む場合がほとんどですから、入院も伴わない気楽さがあり、多くの人が助けられているのです。
重度のカントン包茎になると、亀頭から壊死してしまう危険性もありますから、自分がこれにあてはまると思ったら、すぐにクリニックに行くことをお勧めします。
男性の性器の悩みは一人でくよくよしていても決して解決することはなく、専門家に診てもらうことだけが解決法だからです。