包茎の中でも種類があり、仮性、真性の他にカントン包茎があります。
これは一番重い症状で、亀頭の先を覆っている包皮が狭くなっているために陰茎が締め付けられている状態です。
勃起時には包皮から亀頭を出す事が出来なくなってしまうので、締め付けられて痛みを感じたり、放っておいて最悪のケースのなると、血が亀頭に回らなくなって、壊死してしまう可能性も考えられます。
性交渉や意図的に無理に包皮がむけてしまうとこの血が回らなくなる症状が出る可能性があるので、できれば性交渉は治療するまでは実施しない方が良いですし、意図的に自分でむくのもやめましょう。
そのためにできれば早急に包皮を広げる手術が必要な状態です。
また、カントン包茎は垢や尿がたまりやすい状況になり、細菌が繁殖しやすくなっているので、性交渉によって相手の女性が亀頭包皮炎などに感染したり、細菌が膣内や子宮内に入って感染症や病気を起こす可能性が出ます。
また既婚者の方は子作りの際、包皮から精子が出にくいため妊娠が困難になる可能性が高いです。
そのためやはり手術は有効な手段と言えるでしょう。