自分の身体に関して、知らないことがある人は少なくないと思います。
自分の身体でも、積極的に知ろうとしないと、身体に関する知識は付きません。
人の身体の中でもあまり話題になる機会が少ないのが、下半身のことではないでしょうか。
身体の中でもあまり話題にならないものの一つに包茎があるでしょう。
包茎と呼ばれている状態には、いくつか種類があります。
仮性包茎や真性包茎、そしてカントン包茎です。
カントン包茎という言葉を聞いたことの無い人は多いかもしれません。
カントン包茎というのは、包皮の入り口が狭い状態のことを言います。
包皮の入り口が狭くなっているため、亀頭を露出することが出来ません。
亀頭を露出することが出来ないため、包皮の中にたまった汚れを取り出すことが難しいでしょう。
入り口が狭いため、亀頭を完全に露出することが出来ないのですが、無理やり完全に露出させようとすると危ない状態になる危険性もあります。
カントン包茎の場合、早めに病院に相談する方が良いでしょう。