カントン包茎は、あまりなじみのない名称かもしれません。
これは、真性包茎に近い症状なのです。
包皮をむくのが難しく、むいたとしても元に戻すのが大変なのです。
無理にむいて亀頭が締め付けられると、最悪のケースでは壊死になります。
軽症の場合でも、亀頭や包皮に痛みを感じますし、血行不良によって腫れてしまうこともあります。
仮性包茎よりは重大な症状だと言っていいでしょう。
カントン包茎は、必ず治したい症状です。
確実なのは手術治療です。
ペニスの形状もキレイになりますし、早漏が解消したり、亀頭が大きくなったり、いろいろなコンプレックスが解消されます。
矯正グッズで治す方法もありますが、こちらは確実とは言えません。
ほとんど効果の出ない方もいます。
軽度のカントン包茎ならば、自分で治せることもあります。
毎日、少しずつむいてみましょう。
痛みを感じたら、そこで止めるのがコツです。
毎日繰り返すことで、少しずつむけるようになっていきます。