日本人男性は、包茎で悩んでいる方が多いと言われていますが、カントン包茎はそのうちの数パーセントだと言われています。
真性包茎とは違って、亀頭を包皮から出すことが出来る場合もありますが、正常な陰茎と違って、包皮口が狭くなっているため、自由に出し入れをすることが出来ず、勃起時に痛みを伴ったり、炎症を起こしてしまう場合があります。
小中学生の場合は、自然に改善される場合がありますが、大人になってからも辛い症状に悩んでいる方が多いと言われています。
男性クリニックや泌尿器科で包茎治療を受けることが出来るので、思い切って診察を受けることをお勧めしたいです。
カントン包茎の方は、お風呂で丁寧に洗浄することが出来ないため、不衛生になりがちで炎症を起こしたり、感染症の原因になってしまうことがあります。
包茎治療を受けることで、亀頭が包皮から常に出ている状態にすることが出来るので、炎症や性感染症などの病気を防ぐことが出来ます。