自らが包茎であると自覚すると、その後の対策もたてやすくなります。
そのため、まずは情報を集めて、自分の今の状態を知ることが先決です。
その際にカントン包茎であることが判明したら、どうにかしたいと思うのが人情ですが、落ち着いて最寄のクリニックなどでカウンセリングを受けるのがいいでしょう。
この状態は真性包茎の中でもかなり危険で、場合によっては亀頭部分が深刻なダメージを受けることもあります。
そのため、なるべく早く診断を受け、速やかに手術を受けて問題解決を図るのが得策です。
現在は昔と異なり、優秀な医師もたくさんいて、クリニックの設備も包茎手術に特化したものになっています。
それは、たとえ重度のカントン包茎になっても十分に対策がとれることを示しており、どうにかなる場合がほとんどです。
ありとあらゆる可能性から考えてみても、今の状況は私たちに有利に働いています。
ネットの包茎治療関連のサイトでは、生活の中における対処法なども紹介されているのです。